車を走らせている時、「クルマを利用したままで即日融資可能」というような掲示板や広告が偶然見かけることも多いはずです。こういったお知らせは、自動車を担保として融資する広告であることが多いと思います。車担保融資と呼ばれる言葉は、聞いたことがあっても、実際にどういうローンキャッシングのされ方なのかあまり理解していない人も多いと思います。車担保融資とは、それだけ少数派のキャッシング方法ともいえるはずです。車担保融資では、車を担保にすることで、愛車の現状の売値価格を出し、その査定限度中でローンキャッシングを原則行っているはずです。一般の車販売での査定と同じように、キズがある車や改造車であったりする場合は、査定金額が低くなることがありますので車を担保として融資を受ける際には知っておくといいはずです。車担保融資は、「自動車」という手で触れるものを担保にする方法ですので、消費者金融などでキャッシングができなくなった人でも問題なく査定上限内での融資を行ってもらえるようです。さらに言えば、貸金業者でのローンキャッシングには多様な手順や審査がありますが、愛車という自分が保有する価値のあるものを利用し、行う融資ですから、そういうものが必要としないこともあるはずです。最近では、愛車を返済に行き詰った際の保険にして融資を受けても、担保にしている車を現状と変わらなく保持して使用することが出来る車の担保融資も増えてきていると言えます。ところが、このキャッシング方法のデメリットとしては、クルマの売値価格にローンキャッシングの金額も影響するので、所持する自動車によって、自分が志願する上限額のキャッシングを受けられないということも十分あると耳にします。自動車を返済に行き詰った際の保険にしますから、もしも借りたお金の返済が出来なくなった場合は、直ぐにクルマを売らなければならないのも、デメリットです。自動車が日常で欠かせないアイテムである地域では、車を返済ができなくなった際の保障とするローンキャッシングのやり方は、かなり危険があるといえます。