多様にある融資の審査基準の切り口から見てみると、その審査もまたいろいろあるということが考えられます。一口にキャッシングといっても、銀行であったり大手の企業であったり、また闇金融などあります。それらを比べた際、当たり前に、審査基準が甘い会社、その逆の厳しい会社と、はっきり分かれていきます。まず、合わせて融資を受ける会社は、三社というのがめどと言われています。キャッシングをしている会社が3社がキャッシングをしている金額が収入の3分の1より少なければ、金融機関系でも審査に通過する見込みは高いです。銀行系は総じて借りたお金に対しての利子が低めに設けられていますので、利用をするならば金融機関系がお勧めでしょう。借り入れ件数がもしお金の借入れ件数が四件を上回っている際は、金融機関系は難しくなるでしょう。ですが、2006年からできた制度の貸金業規制法や出資法等の法の改正により、金利が引き下げられ、銀行系ではキャッシングの手続きが厳しくなってきている傾向にあるはずです。金融機関もで、一段と審査に対しては通りづらくなってきているようです。また、審査基準の甘い会社とうわさの企業でも、闇雲に審査を依頼すればよいというわけでもないはずです。万が一、事前にそのキャッシング会社について情報を調べずに申込みをし、審査をパスしなかった場合は、その情報は個人信用情報機関に保存されます。信用情報機関に記録される期間は三ヶ月〜六ヶ月ですので、その間、個人信用情報機関の個人記録汚れてしまうことになります。汚れたからといって直に借りられないというわけでもないですが、その情報を閲覧する会社の手続きには、自然に、なんかしらの影響があるはずです。割と幾分甘いといわれる審査を行う業者でも、個人信用情報機関に記録が登録されるいることにより借りられなくなることも発生するかもしれないのです。