自動車の保険には任意保険あるいは自賠責保険という2個の種別があるのです。

自賠責保険も任意保険も自動車事故など遭遇した場合の補償を想定したものですが実際の内容は少々違っています。

二つの保険に関しては補償できるものが違ってきます。

※事故の相手へは、自賠責保険、任意保険の双方で補償できます。

※自分自身に関しては、【任意保険】によって補償できます。

※自己の所有する財産においては【任意保険】を用いて補償されるよう取り決められています。

自賠責保険単体では、自らへの傷害あるいは乗用車を対象とした支援は受けられません。

そして相手方への支援ですが自賠責保険については亡くなったケースでは最高三〇〇〇万円・後遺障害時最高額4,000万となります。

ただし実際の賠償金が前に述べた額面を上回ることはよくあることに注意しましょう。

またさらに相手の車両もしくは建物を破損した際に関しては、害を加えた者の自己賠償になるのです。

そのような負担を防ぐために任意保険というもう一種類の保険が大切だと考えられます。

害を被った人の救いを重要視する任意保険にはそれ以外の役目が存在します。

※相手に対しては死亡時もしくは傷害に加えて、クルマあるいは家屋などの対象を補償します。

※自分自身に対しては同伴者も込みで、死亡時または傷害を補償してもらえるのです。

※自己の私有する財産においては、乗用車を補償します。

こういった種々の面について支援がしっかりしているのが任意保険における利点です。

掛け金の払い込みはどうしても必要となりますが、事故を起こした時の相手方のためにも自分自身の安心のためにもクルマに末長く乗りたいのであればぜひとも任意保険というものに契約しておくに越したことはありません。