外国為替証拠金取引についての魅力は一つの金融商品あるが資金投下の期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3つの中からいずれを選ぶのかにより投入の方法がまったく異なるというところにあります。

初めに外貨に対して投入する「長い時間をかけるスタンス」について詳しく見てみましょう。

長期投資とは、一年以上の投資期間を基本にしているものです。

基本的に為替においては一年以上も後の為替レートが円高だろうか、反対に円安かどうかを予測するなんていうことは、たいていの場合難問に違いありません。

普通は「そんなにも後々の動向は予言できない」と思うのが実際のところなのです。

予想もできないものを頭を使って予言しようとしたところでそれは無意味なのです。

そういったことから、外貨を買ったとして、その時点での価値よりも円が高めになっていてもそれはいつか元に戻るはずだというポジティブな意識で売買に取り組むことが大事です。

為替差益をがんばって追いかけることではなく、他の利益、つまりスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)を上げるのを、まず一つのねらいとして投資してみましょう。

言うまでもなく、少しの間に為替変動によるマイナスが大きく膨らんでしまうこともあります。

そんな訳で、その差損が大きくなっても問題ないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を必要最小限に売買する心がけは必要です。

外国為替証拠金取引は損失がある金額以上拡大してしまうと追加保証金(追い証)が必要になったり、もしくは損切りになってしまったりします。

ストップロス(ロスカット)をすることになったら早く取引を打ち切りせざるを得なくなり長期の投資をできなくなります。

こんな危険を回避するためには、レバレッジ2?3倍程度で売買する方が良いでしょう。

2番目に中期のスタンスのやり取りです。

中期投資では長くて2ヶ月ほど先々を見越してのトレードを行います。

為替のトレードの時、1ヶ月後のことであればおおかた予想できるだと思います。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)を始めとした世界的な論議であったり、為替トレード参加者がどういうことに興味を持っているかを聞いてみれば割りと予想がつくはずです。

上記のように経済の状況を見ながらもチャートを確認することで、為替のレートの動向を把握できるようになり買いか売りかをジャッジするべきです。

基本的に経済情勢とジャッジのどちらでも良い状況であり、もしくは買い傾向が同様の時はおおよそそのまま動くと思って良いでしょう。

そういった時はポジションを増やしておけばより多額の利益を入手できるはずです。

最後に短期トレードのポイントです。

ここでいう短期スタンスとはすなわちデイトレードを示しています。

為替で日計り取引をする際は、経済の状態はまったく絡んでいないと言い切れます。

どうしてかというとあくる日の為替の相場の動きに、経済の基礎的条件は影響ないからです。

この時、最大のコツは目立った催し物がある時それにより為替相場が大きく動く時を見過ごさないよう取引しましょう。

例を挙げると、アメリカ合衆国で雇用統計が公表されるもしくは金利政策などで制作金利が変動するような行事。

このようにチャンスに変わり様を見過ごしてはいけないとの意味合いから、短期トレードでは専門的な要素が欲しいところである。