一昨年から病棟薬剤業務実施加算が新設されて、私のいる病院でも薬剤師の人数を今の10人ほどから数年かけて倍増するそんな計画が立てられています。AGA札幌

今まで薬剤師の人数が絞られてきたせいで、業務も目が回るほど忙しいし、薬剤科の年齢構成も20代の若手は少なく、若干高齢化してしまっています。マッサージ出張 渋谷

そんな状況だから、これから若手が増えて、ばりばり働いてくれればうれしいです。

病院の勤務で何が嫌かといえば、当直勤務があることです。

しかも、薬剤師の人数が少ないせいで、月に3回、ひどい時は4回もやらなければなりません。

他部門の放射線技師や検査技師は人数が多いから、一人当たりの当直回数は少なく済むので、納得いかないこともありましたが、ようやく薬剤師の人数が増えることで負担も減っていくことでしょう。

詳しい情報は薬剤師転職サイト 比較で検索。

そのぶん、薬剤師はそれぞれが担当する病棟の業務が増えます。

薬局にいる時間ばかりでなく、これからは病棟で直接、患者さんや患者家族への説明などが増えてくることとなりますので、病院の提供する医療サービスの質を向上させるためにも、努力していきたいです。